コウモリ駆除は早めに対処

subpage01

コウモリは適応能力も繁殖力も高いので、様々な気候に対応して幅広い地域に生息しています。
コウモリが住処として好むのは暖かく雨風が凌げるような場所です。そのため建物の屋根裏はコウモリにとって好条件の住処になるので、住宅の屋根裏などに住みつくのは珍しい事ではありません。


コウモリが建物に住みついてしまった時の被害はまず糞や尿によって衛生環境が悪化する事です。

これによって悪臭が発生したり、建物が傷んで劣化する可能性があります。


さらにコウモリは感染症を持っている可能性があってもし感染症を持ち込まれると健康被害が出る可能性があります。またコウモリは人が近づいてきた事で警戒して人を攻撃してくる可能性があります。


コウモリは狂犬病を持っている可能性があってもし狂犬病に感染しているコウモリに噛まれてしまうと人にも感染してしまいます。狂犬病は日本国内では撲滅されていますが、国外ではそうではないのでコウモリが絶対に狂犬病を持っていない訳ではないのです。もし狂犬病に人が感染すると高い致死率が高いので、コウモリが住みついた時は少しでも早くコウモリ駆除を行うべきです。



コウモリ駆除は危険も伴いますし、鳥獣保護法によってコウモリを捕獲したり傷つけてはいけません。



そのため知識や経験がないまま自分でコウモリ駆除を行うのは危険なので、業者に依頼すると良いです。業者に駆除を依頼する時は駆除だけでなく、その後再び住みつかれないように対策してもらうと良いです。