コウモリ駆除は専門業者に依頼し、侵入口を塞ぐ

subpage01

コウモリは、おおむね全世界に生息しています。
ドラキュラなどでイメージされるような吸血コウモリも実際にいますが、わが日本には生息していません。
日本で生息しているコウモリは、主に蚊などを捕食する雑食のもので、益獣とも呼ばれています。



日本各地に生息しているコウモリは、アブラコウモリと言いますが、人間の家屋に住み着くため、イエコウモリとも呼ばれています。
体長が約3~6cmで、体重は約5~9g程度でとても軽い生物です。その小さく軽い身体の特長を活かして、2cm程度の穴があれば、侵入することができます。
こうして、家屋の隙間から屋根裏に潜り込んで住み着くのです。

コウモリは、春から秋にかけて活発に活動し、冬は集団で身を寄せ合って冬眠します。

集団で生活するため、住み着かれた家屋では、排せつ物による問題が出てきます。



嫌な臭いが充満し、排せつ物にはカビなどが発生します。

カビは時間をかけながら家屋の構造体を腐らせ、胞子などを人間が吸い込むことで、感染症などの危険性も高めます。
家屋の耐久性低下や人間の健康被害のリスクを避けるためにも、コウモリ駆除は早い段階で行った方がいいでしょう。


しかし、コウモリ駆除として殺処分はできません。

コウモリを許可なく殺すことは法律違反となってしまうのです。

したがってコウモリ駆除は専門の業者に依頼することになります。
再度侵入されないように、プロの目で確認してもらい、隙間を塞ぐことが大事になってきます。